ヒゲ剃りに使う蒸しタオルの作り方や温度、使い方と効果について

公開日: 

91819f30e57a8e925b9a02925b471686_s

毎朝のヒゲ剃り大変ですよね!

時間がない朝にパパッとヒゲを温めて気持よくヒゲを剃ることができる「蒸しタオル」の作り方や使い方、温度や効果について調べてみました。

スポンサードリンク

ヒゲ剃り用蒸しタオルの作り方

ヒゲ剃り用蒸しタオルの作り方はとっても簡単♪

まずタオルを濡らしてからキッチリ絞って、すぐ使えるように畳んでお皿などに乗せて電子レンジでチン!

これだけで簡単にできちゃいますが、更にフリーザーバッグのようなビニール袋かラップで包んで温めれば水分の蒸発も防げますしすぐに冷めるのも防げます。

濡れタオルを電子レンジで温める時間の基本は「500Wで1分」「700Wで40秒」くらいといったところでしょうか!?

2,3回実際に温めてみれば自分好みの、蒸しタオルの作り方や時間が判るでしょう。

※レンジで熱した後、袋から取り出すときは熱いので火傷には十分な注意が必要です。

ヒゲ剃り用蒸しタオルの温度は?

こればっかりは感覚なのですが、「火傷しない程度の熱さ・・・。」

としか言いようがありません。

床屋さんで顔剃りやってもらった人は判ると思いますが、ウォーマーから出したばかりの蒸しタオルは相当熱く、床屋さんが手早く広げて蒸気を適度に逃してチョット熱いくらいの丁度いい塩梅の温度で顔に乗せてくれます。

文章で説明すると「熱めのお風呂」くらいの温度でしょうか!?

熱めのお風呂を温度表示で言えば「42~45度くらい」

蒸しタオルはすぐに冷めてくるので、自分好み「ちょっとだけ熱めの温度」ってところがミソでしょうか!?

※くれぐれも火傷しないように注意してください。

スポンサードリンク

ヒゲ剃り用蒸しタオルの上手な使い方

基本、人それぞれですが、蒸し用タオルを2枚用意すると便利です。

まず1枚をレンジで温めて火傷しないように一度一気に広げて冷まします。
(冷ますというより一度蒸気を逃がします)

いい感じになればまた手早く畳み顔に乗せてヒゲを温めます。

少し熱い位が丁度いいでしょう。

温めている間にもう一枚も温めておきます。

1枚目が冷めてしまったら2枚目と交換します。

1枚で充分ヒゲが柔らかくなる人は2枚目は必要ありませんが、ヒゲを剃って洗顔後にもう一回蒸しタオルで温めると
皮膚へのアフターケアにもなります。



ヒゲ剃り用蒸しタオルの効果とは?

蒸しタオルを当てると肌が柔らかくなり毛穴が開いてスチームサウナ効果で血行とリンパの流れも良くなります。

硬いヒゲが蒸しタオルで水分を含んで膨張して、柔らかくなり剃りやすくなり、温めることで痛覚も鈍くなるのでそのまま剃るよりも痛みを感じにくくなります。

※人間の痛覚は33度くらいが一番鈍くなります。

ヒゲ剃り後、冷水や冷たくした化粧水などで肌を冷やせば、毛穴が閉じて温冷効果による副交感神経への刺激になり、新陳代謝もよくなります。

また、温めることでリラクゼーション効果もありますし、更にエッセンシャルオイルなどを使用しますと、香り効果でさらにリラックスやストレス発散できる効果も期待できます。

蒸しタオルその他の利用法を紹介

・ドライアイや疲れ目を癒やす。

・血行不良による目の「くすみ」「くま」の予防や解消。

・首や肩を温めて血行促進して肩こり予防。

などがあります。




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑